UK配列キーボードのMacで日本語・英語入力を簡単に切り替える方法

ポイント

本記事は、UK配列キーボードのMacで日本語入力(ローマ字入力)と英語入力を簡単に切り替える方法をご紹介します。

おまけで、Google日本語入力での切り替え方法もご紹介します。

【レビュー】UK配列キーボード M1 MacBook Airがかっこ良すぎる

続きを見る

UK配列キーボードのMacで日本語・英語入力を簡単に切り替える方法

結論、Caps Lockキーで日本語(ローマ字)入力と英語入力を切り替えることができます。

ただし、この切り替え方法はGoogle日本語入力などのIMEには対応していません。

Google日本語入力などのIMEで入力を切り替える方法は後述しますね。

 

まずは、「システム環境設定」に移動し、キーボードをクリックします。

 

「入力ソース」タブをクリックします。

 

「Caps Lockキーでイギリス入力モードと切り替える」にチェックを入れます。

 

これで、「Caps Lockキー」を押すだけで日本語(ローマ字)入力と英語入力を切り替えることができます。

ちなみに、入力方法を増やしたり減らしたりするには、左下の「+」や「ー」をクリックして設定できます。

 

Google日本語入力ではCaps Lockキーでの切り替えが利用できない

Mac標準の日本語(ローマ字)入力は嫌という方もいることでしょう。

私もその一人で、予測変換のウィンドウサイズが大きいのが嫌なんです。

 

というわけで、愛用しているGoogle日本語入力をインストールしたのですが、Google日本語入力だと「Caps Lockキー」での入力切り替えができないようです。

「Caps Lockキーでイギリス入力モードと切り替える」の表示がありません。

個人的にけっこう困ったので、別の切り替え方法を調べてみました。

 

「英かな」アプリで日本語(ローマ字)入力と英語入力の切り替えを設定しよう

調べてみると、「英かな」というアプリで日本語(ローマ字)入力と英語入力を切り替えることができるそう。

まずは、「英かな」のHPに移動します。

「Download 英かな」をクリックします。

 

ZIPファイルをダウンロードします。

 

ダウンロードしたZIPファイルをダブルクリックし展開します。

 

展開したファイルをアプリケーションにドラッグ&ドロップします。

 

「開いてもよいでしょうか?」とダイアログボックスが表示されるので、「開く」をクリックします。

 

すると、「アクセシビリティアクセス」ダイアログボックスが表示されるので、「”システム環境設定”を開く」をクリックします。

 

左下のカギマークをクリックします。

 

Touch IDを使用するかパスワードを入力します。

 

するとロックが解除されるので、「英かな」にチェックを入れます。

 

左下のカギマークをクリックします。

 

Finderからアプリケーションフォルダを開き、「英かな」アプリをダブルクリックします。

 

すると「英かな」アプリが立ち上がり、「コマンドR」で日本語(ローマ字)入力、「コマンドL」で英語入力の切り替えをすることができるようになります。

 

これでやっとGoogle日本語入力の切り替えを簡単にできるようになりました。

「英かな」さん、助かりました。

 

まとめ:Mac純正IMEならCaps Lockキーでの入力切り替え、Google日本語入力なら「英かな」を使いましょう

本記事は、UK配列キーボードのMacで日本語入力(ローマ字入力)と英語入力を簡単に切り替える方法をご紹介しました。

Google日本語入力などのIMEだと「Caps Lockキー」による切り替えができなかったので、「英かな」をインストールし「コマンドキー」で日本語入力(ローマ字入力)と英語入力を切り替えるように設定しました。

UK配列キーボードのMacを購入し、入力切り替えに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

【レビュー】UK配列キーボード M1 MacBook Airがかっこ良すぎる

続きを見る

  • この記事を書いた人

きなり

ガジェット、モバイルなどをメインに役立つ情報発信中。
【経歴】高専から学歴ロンダリングし、旧帝大院を修了し、新卒で大手企業入社。現在はほそぼそと暮らしています。
レビュー依頼承ります。ご相談はメール(launderlabcom☆gmail.com)
☆を@に変換ください。
もしくは、TwitterのDMにお願いします。
月2万人に読まれるブログになりました!
>>お仕事のご依頼はこちら