【Black Shark T1, M1スペックレビュー】ゲーミングイヤホン&マウス【コスパ良好】

ポイント

本記事は、ゲーミングイヤホン「Black Shark T1」、ゲーミングマウス「Black Shark M1」のスペックレビュー記事です。

ゲーミングイヤホンやゲーミングマウスの購入を検討している方、ぜひ参考にして下さい。

本記事はガジェット製品プロモーション会社であるZBANX様よりご紹介頂いたPR記事となっています。

詳細なスペック情報を入手しましたので、スペックレビューしていきます。

管理人

こんにちは、管理人のきなり(@launderlab) です。
お問い合わせはこちら、レビューのご依頼はこちらにお願いします。

「Black Shark T1」の商品ページに「5XK3Q6F5」を入力すると、2,999円の10%オフの2,399円で購入可能です

「Black Shark M1」の商品ページに「XSNLFGJ3」を入力すると、2,000円オフの2,480円で購入可能です。

まずは、「Black Shark T1」の詳細をチェックしていきましょう。

Black Shark T1の主なスペック

Black Shark T1」の主なスペックは下記の通りです。

Black Shark T1
再生可能時間イヤホン本体のみ(最大3.5時間)、充電ケース併用(最大35時間)
充電ケースサイズ約 6 × 4.5 × 3cm
防水規格IPX4
通信方式Bluetooth 5.2
対応コーデックAAC, SBC
ノイズキャンセリング機能×
付属品イヤーピース 3種(S, M, L)、USB Type-Cケーブル、説明書、保証書
アプリ×
カラーBlack
価格2,999円

完全ワイヤレスイヤホンが3,000円以下で購入可能なのが驚きですね。

ノイズキャンセリング非対応、アプリ無しというデメリットはありますが、それを踏まえても価格が魅力的ですね。

Black Shark T1は超低遅延性能が魅力

Black Shark T1」は、ゲームモード、音楽モードの2つのモードを切り替えることが可能です。

特筆すべきは、ゲームモードの超低遅延性能です。

55msの超低遅延性能なので、FPSなどのゲームをプレイしても音声が遅延することはないでしょう。

普段、スマホゲームをプレイする方にはおすすめのイヤホンですね。

Black Shark T1はIPX4で小雨程度なら問題なし

Black Shark T1」は、IPX4の防水性能を有しています。

IPX4とは?

IPX4とは、「水の飛まつに対して保護」となります。

従って、小雨が降る中での使用や汗をかく運動の使用程度であれば、全く問題ありません。

Black Shark T1は3,000円以下で購入可能

Black Shark T1」は、3,000円以下で購入可能なのも魅力の1つです。

完全ワイヤレスイヤホンは安くても5,000円程度は必要です。

3,000円以下で購入できるなんて、素晴らしいコストパフォーマンスです。

Black Shark T1はノイズキャンセリング機能は非対応

先にも書きましたが、「Black Shark T1」はノイズキャンセリング非対応なのがデメリットの1つです。

3,000円以下で購入できる完全ワイヤレスイヤホンなので、致し方ないと思いますが、やっぱりノイズキャンセリングが非対応なのはデメリットと思います。

自宅での使用をメインと割り切れば、ノイズキャンセリング非対応でも問題ないかもしれません。

Black Shark T1はアプリがない

Black Shark T1」はアプリがない点もデメリットです。

イヤホンの専用のアプリがあれば自由にイコライザーを調節できるので便利ですが、本イヤホンにはアプリがありません。

フラットの音域が好みの方には、問題ないでしょう。

Black Shark T1はゲーマー向けのコスパ良好ワイヤレスイヤホン

本記事は、「Black Shark T1」のスペックをレビューしました。

「Black Shark T1」の良い点は以下の通りです。

  • 音楽モード、ゲーミングモードの切り替えが可能な点
  • 55msの超低遅延性能を有している点
  • IPX4の防水性能を有している点
  • 3,000円以下で購入できる点

「Black Shark T1」のイマイチな点は以下の通りです。

  • ノイズキャンセリング非対応な点
  • アプリが無い点

イマイチな点も若干ありますが、何といっても3,000円以下で購入できるというコストパフォーマンスが魅力の製品です。

気になった方は↓からチェックしてみてください。

Black Shark M1の主なスペック

続いて、「Black Shark M1」の主なスペックをご紹介。

Black Shark M1
本体サイズ幅:65mm
奥行き:129.5mm
高さ:40mm
重量103±3g(ハニカムシェル装着時)
105±3g(ソリッドバックシェル装着時)
対応OSWindows, macOS
接続方法USB Type-C有線接続
USB無線接続(2.4G)
センサーDPI:500~5,000dpi(ソフトウェア利用で10,000dpi)
ボタン数6
バッテリー充電式
インターフェースUSB Type-C

ハニカムシェルとソリッドバックシェルという2つタイプを選択可能なのが魅力的です。

その他、100g程度と軽量な点、有線・無線に対応している点、USB Type-Cに対応している点、10,000dpiに対応している点などが優れていますね。

それでは、詳細をチェックしていきましょう。

Black Shark M1は着せ替え可能

Black Shark M1」は、着せ替え可能なのが男心をくすぐります。

ハニカムシェルは軽量なのが魅力的で、ソリッドバックシェルはグリップ性能の良さが魅力的です。

ハニカムシェルは中空構造のデザインなので夏場の利用に最適でしょう。

季節に応じてバックシェルを交換できるのは良いですね。

Black Shark M1は有線、無線接続に対応

Black Shark M1」は無線、USB Type-C有線接続に対応しています。

接続を安定させたい方は有線接続でマウスを使用することができます。有線接続の場合、常時バッテリーを充電することが可能です。

無線接続においても低遅延な接続が可能です。

Bluetooth接続には対応していませんが、ゲーミング用途なので問題ないでしょう。

Black Shark Lucifer M1は初めてのゲーミングマウスにおすすめ

本記事は、「Black Shark M1」のスペックをレビューしました。

「Black Shark M1」の良い点は以下の通りです。

  • バックシェルの着せ替えが可能な点
  • 有線接続、無線接続に対応している点
  • 100g程度と軽量な点
  • 10,000dpiに対応している点

マウスとしての基本がしっかりしていて好印象ですね。

光学センサーの解像度も高く、ゲーミングマウスとしての機能にも期待できます。

一方で、「Black Shark M1」のイマイチな点は以下の通りです。

  • Bluetooth接続に対応していない

Bluetooth接続に対応していないのが若干残念ですが、他の性能については申し分ありませんね。

クーポンコードを使用すれば3,000円以下で購入できるのも魅力的です。

気になった方は↓からチェックしてみてください。

2022/8/27

【SONY WF-1000XM4 レビュー】全てが最高クラスの完全ワイヤレスイヤホン

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワイヤレス/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/LDAC対応/ハイレゾ相当 最大8時間連続再生/高精度通話品質/IPX4防滴性能/ ワイヤレス充電対応/2021年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM4 BM created by Rinker ソニー(SONY) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 SONY WF ...

ReadMore

2022/8/27

【ロジクール MX MASTER 3Sレビュー】Logi Bolt対応の高級マウス

ロジクール MX MASTER3s アドバンスド ワイヤレス マウス 静音 MX2300GR Logi Bolt Bluetooth Unifying非対応 8000dpi 高速スクロールホイール USB-C 充電式 windows mac iPad Chrome Android OS 無線 ワイヤレスマウス MX2300 グラファイト 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 ロジクール ...

ReadMore

2021/11/16

【MX Keys Miniレビュー】欠点なしのキーボード【買い】

「MX Keys」のレビュー記事も書いていますので、興味のある方は覗いてみてください。 ロジクール MX KEYS mini KX700GR ミニマリスト ワイヤレス イルミネイテッド キーボード グラファイト 充電式 bluetooth Logi Bolt Unifying非対応 USB-C-A 日本語配列 windows mac chrome iPad ios Android 無線 ワイヤレスキーボード KX700 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール ...

ReadMore

2022/8/27

【エコバックス DEEBOT N8+ レビュー】自動ゴミ収集、水拭き対応のロボット掃除機

【自動ゴミ収集】ECOVACS(エコバックス)DEEBOT N8+ ロボット掃除機 マッピング 水拭き対応 強力吸引 お掃除ロボット 薄型&静音設計 自動充電 落下防止 Wi-Fi接続 Alexa対応 フローリング/畳/カーペット掃除 Amazon.co.jp限定 1年メーカー保証 created by Rinker ECOVACS Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 エコバックス DEEBOT N8+のレビューの結論2 エコバックス DEEBOT N8+のレビュ ...

ReadMore

2021/11/7

【ロジクール KX800 MX Keys レビュー】致命的な欠陥1つ、その他は満足

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 ロジクール KX800 MX Keysのレビューの結論を先に解説2 ロジクール KX800 MX Keysのスペックまとめ3 ロジクール KX800 MX Keysを ...

ReadMore

関連記事

【2022年】格安SIM通信速度ランキング!(ロンダラボ!調べ)

ahamo (958,084pt)

ahamo新規・MNP

第1位はahamoでした!

  • 平日、休日ともに安定した通信速度
  • docomoの新料金プランなので安心
  • 5分間までの国内通話無料
  • 20GBで2,970円(税込)と明瞭な料金プラン

OCNモバイルONE (642,254pt)

OCNモバイルONE

第2位はOCNモバイルONEでした!

  • 平日、休日ともに安定した通信速度
  • キャリアの新料金プランであるahamoよりも早い
  • 格安でスマホを購入できるのも魅力
  • 月額料金770円(税込)~

LinksMate(613,974pt)

第3位はLinksMateでした!

  • 8時台の通信速度が最高クラス
  • 選べる料金プランが114種類と豊富
  • ゲーム連携で特典が貰える
  • 月額料金165円(税込)~
  • この記事を書いた人

きなり

黒いガジェットが好き。
累計50万PV超のブログメディア「ロンダラボ!」管理人。PC、ガジェット、モバイルなどをメインに役立つ情報発信中。

レビューのご依頼承ります。ご相談はメール(launderlabcom☆gmail.com)☆を@に変換ください。
>>お仕事のご依頼はこちら