【MX Keys Miniレビュー】欠点なしのキーボード【買い】

ポイント

本記事は、ロジクールから発売されている「MX Keys Mini KX700GR」(以下、MX Keys Mini)のレビュー記事です。

KX800 MX Keys」(以下、MX Keys)との比較も詳細に解説していますので、是非参考にしてください。

MX Keys」のレビュー記事も書いていますので、興味のある方は覗いてみてください。

【ロジクール KX800 MX Keys レビュー】致命的な欠陥1つ、その他は満足

続きを見る

管理人

こんにちは、管理人のきなり(@launderlab) です。
お問い合わせはこちら、レビューのご依頼はこちらにお願いします。

ロジクール MX Keys Miniのレビューの結論を先に解説

本記事は、「MX Keys Mini」をレビューしました。レビューの結論は下記の通りです。

  • アプリでのカスタマイズ性能が高い
  • 浅いキーストロークで打鍵感が最高
  • 「MX Keys」の70%のサイズ感が最高
  • 「MX Keys」の最大の欠点を解消

それでは、レビューしていきましょう。

ロジクール MX Keys Miniのスペックまとめ

MX Keys Mini」の主なペックは下記の通り。

MX Keys Mini
本体サイズ約13 × 30 ×2cm
重量506g
接続方法Bluetooth, Logi Bolt USBレシーバー(別売)
最大接続台数3台
充電方法USB Type-C
カラーグラファイト, ペールグレー, ローズ

詳細なスペックについては↓の記事に書いていますので、参考にしてください。

MX Keys Miniスペックレビュー【MX Keysと徹底比較】

続きを見る

それでは、レビューしていきます。

ロジクール MX Keys Miniを開封・外観チェック

まずは「MX Keys Mini」を開封していきます。

箱はこんな感じです。MXシリーズはだいたいこんな感じの箱ですね。

内容物は、キーボード本体、USB Type-A to Type-Cケーブル、説明書です。

後述しますが、USBレシーバーが付属しないのは残念ですね。

キーボード本体の外観はこんな感じです。今回、グラファイトというカラーを購入しました。

「MX Keys Mini」は、「MX Keys」をそのまま小さくしたような外観をしています。

「MX Keys」との比較は後述しますね。

キーボード背面はこんな感じ。「MX Keys」と同様に滑り止め用のゴムがありますね。

背面上部にはバッテリーが内蔵されています。

「MX Keys」と同様にUSB Type-Cの充電コネクタがあります。

電源ボタンも同一箇所に配置されています。

キーボードの横は30cmほど。

縦は13cmほど。

バッテリー部の高さは2cmほどです。

キーボードのバックライトは指を添えると自動点灯してくれます。

指を離すと自動消灯してくれるので、バッテリーを節約してくれます。

ロジクール MX Keys MiniのBluetooth接続は一瞬

MX Keys Mini」を使用するには、Bluetooth接続が必要です。

Windowsの場合、設定より「デバイス」に進み、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックします。

キーボードの「EASY-SWITCHキー」を押すと、「MX Keys Mini」が表示されます。

「MX Keys Mini」をクリックし、PINを入力しEnterキーを押します。

こちらで「MX Keys Mini」の準備が完了します。Bluetooth接続は一瞬でした。

ロジクール MX Keys Miniはアプリでカスタマイズ可能

MX Keys Mini」は、専用のユーティリティソフトウェア「Logicool Option」で種々のカスタマイズができる点が魅力です。

「Logicool Option」をインストールすると、「MX Keys Mini」の設定画面に進みます。

ここでは、ファンクションキーの設定や「EASY-SWITCH」の設定ができます。

「EASY-SWITCH」は、設定した異なる3つのデバイス間の切り替えを一瞬で行うことが可能です。

また、アプリケーションごとにファンクションキーの機能変更もできます。

さらに、ロジクール製のマウスのうち、「Logicool Flow」に対応したマウスと「MX Keys Mini」を組み合わせることでさらに利便性が向上します。

「Logicool Flow」 とは、1つのマウスでペアリングした複数のデバイス間を行き来することが可能な機能です。

「MX Keys Mini」をリンクキーボードに設定することで、1つのワークフローでマウスとキーボードを複数のデバイス間で切り替えることができます。

ロジクール MX Keys Miniの打鍵感は最高

MX Keys Mini」の打鍵感は最高です。

私はこれまでメカニカルキーボードをメインに使ってきましたが、キーストロークが深く、タイピング時の指の疲労感が悩みでした。

その点、「MX Keys Mini」はキーストロークが浅く、ノートPCのキーボードのようにペタペタ打ちができるので非常に楽です。

キートップ中央の丸みに指が引っかかるのも良いですね。

ロジクール MX Keys Miniのサイズ感も最高(MX Keysとのサイズ比較)

MX Keys Mini」と「MX Keys」のサイズ感は上の写真の通りです。

「MX Keys」は、キーボードのサイズが大きく、マウスの置き場に困っていました。

一方、「MX Keys Mini」は「MX Keys」の70%のサイズとなっているので、コンパクトで場所を取らないのが良いです。

コンパクトキーボードながらファンクションキーを搭載しているのもグッドです。最高のサイズ感といえます。

ロジクール MX Keys MiniはMX Keysの欠点を解消している

「MX Keys」のレビュー記事でも述べましたが、「MX Keys」はファンクションキーと数字キーのキートップの数字がズレています。

このズレが「MX Keys」の最大の欠点で、非常にタイピングしにくい配列でした。

その点、「MX Keys Mini」は、ファンクションキーと数字キーの整合が取れているので、上記の「MX Keys」の最大の欠点を解消しています。

MX Keys Miniの欠点はないが、USBレシーバーが付属しないのはセコい

これまで述べてきた通り、「MX Keys Mini」は個人的に欠点のない最高のキーボードなのですが、一点だけ不満があります。

それは、USBレシーバーが付属しないことです。

これまで、ロジクールのデバイスといえば、「Unifyingレシーバー」というUSBレシーバーが付属していましたが、「MX Keys Mini」には付属しません。

「MX Keys Mini」をUSB接続するには、別売りの「Logi Bolt USBレシーバー」を購入しなければならないので、セコい商売だなぁと思ってしまいます。

【結論】ロジクール MX Keys Miniは最高、購入推奨

本記事は、「MX Keys Mini」をレビューしました。レビューの結論は下記の通りです。

  • アプリでのカスタマイズ性能が高い
  • 浅いキーストロークで打鍵感が最高
  • 「MX Keys」の70%のサイズ感が最高
  • 「MX Keys」の最大の欠点を解消

ついに最高のキーボードに出会ってしまいました。

「MX Keys Mini」は、私がこれまで使ってきたキーボードの中で確実に最高のキーボードです。

気になる方は↓からチェックしてみてください。買って後悔はしませんよ。

2022/8/27

【SONY WF-1000XM4 レビュー】全てが最高クラスの完全ワイヤレスイヤホン

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワイヤレス/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/LDAC対応/ハイレゾ相当 最大8時間連続再生/高精度通話品質/IPX4防滴性能/ ワイヤレス充電対応/2021年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM4 BM created by Rinker ソニー(SONY) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 SONY WF ...

ReadMore

2022/8/27

【ロジクール MX MASTER 3Sレビュー】Logi Bolt対応の高級マウス

ロジクール MX MASTER3s アドバンスド ワイヤレス マウス 静音 MX2300GR Logi Bolt Bluetooth Unifying非対応 8000dpi 高速スクロールホイール USB-C 充電式 windows mac iPad Chrome Android OS 無線 ワイヤレスマウス MX2300 グラファイト 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 ロジクール ...

ReadMore

2021/11/16

【MX Keys Miniレビュー】欠点なしのキーボード【買い】

「MX Keys」のレビュー記事も書いていますので、興味のある方は覗いてみてください。 ロジクール MX KEYS mini KX700GR ミニマリスト ワイヤレス イルミネイテッド キーボード グラファイト 充電式 bluetooth Logi Bolt Unifying非対応 USB-C-A 日本語配列 windows mac chrome iPad ios Android 無線 ワイヤレスキーボード KX700 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール ...

ReadMore

2022/8/27

【エコバックス DEEBOT N8+ レビュー】自動ゴミ収集、水拭き対応のロボット掃除機

【自動ゴミ収集】ECOVACS(エコバックス)DEEBOT N8+ ロボット掃除機 マッピング 水拭き対応 強力吸引 お掃除ロボット 薄型&静音設計 自動充電 落下防止 Wi-Fi接続 Alexa対応 フローリング/畳/カーペット掃除 Amazon.co.jp限定 1年メーカー保証 created by Rinker ECOVACS Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 エコバックス DEEBOT N8+のレビューの結論2 エコバックス DEEBOT N8+のレビュ ...

ReadMore

2021/11/7

【ロジクール KX800 MX Keys レビュー】致命的な欠陥1つ、その他は満足

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 ロジクール KX800 MX Keysのレビューの結論を先に解説2 ロジクール KX800 MX Keysのスペックまとめ3 ロジクール KX800 MX Keysを ...

ReadMore

関連記事

【2022年】格安SIM通信速度ランキング!(ロンダラボ!調べ)

ahamo (958,084pt)

ahamo新規・MNP

第1位はahamoでした!

  • 平日、休日ともに安定した通信速度
  • docomoの新料金プランなので安心
  • 5分間までの国内通話無料
  • 20GBで2,970円(税込)と明瞭な料金プラン

OCNモバイルONE (642,254pt)

OCNモバイルONE

第2位はOCNモバイルONEでした!

  • 平日、休日ともに安定した通信速度
  • キャリアの新料金プランであるahamoよりも早い
  • 格安でスマホを購入できるのも魅力
  • 月額料金770円(税込)~

LinksMate(613,974pt)

第3位はLinksMateでした!

  • 8時台の通信速度が最高クラス
  • 選べる料金プランが114種類と豊富
  • ゲーム連携で特典が貰える
  • 月額料金165円(税込)~
  • この記事を書いた人

きなり

黒いガジェットが好き。
累計50万PV超のブログメディア「ロンダラボ!」管理人。PC、ガジェット、モバイルなどをメインに役立つ情報発信中。

レビューのご依頼承ります。ご相談はメール(launderlabcom☆gmail.com)☆を@に変換ください。
>>お仕事のご依頼はこちら