MX Keys Miniスペックレビュー【MX Keysと徹底比較】

2021年11月9日

ポイント

本記事は、ロジクールから発売される「MX Keys Mini KX700GR」のスペックレビュー記事です。

KX800 MX Keys」との比較を詳細に解説していますので、ぜひ参考にしてください。

本記事は、主に「KX800 MX Keys」との比較を中心とした記事構成になっています。

「KX800 MX Keys」については、こちらの記事で詳細に解説していますので、チェックしてみてください。

【ロジクール KX800 MX Keys レビュー】致命的な欠陥1つ、その他は満足

続きを見る

管理人

こんにちは、管理人のきなり(@launderlab) です。
お問い合わせはこちら、レビューのご依頼はこちらにお願いします。

MX Keys Miniのスペックまとめ

MX Keys Mini KX700GR」のスペックは下記の通りです。下表では「KX800 MX Keys」と比較しています。

MX Keys Mini KX700GRKX800 MX Keys
本体サイズ約13 × 30 ×2cm約13 × 43 × 2cm
重量506g810g
キー形状パンタグラフ方式パンタグラフ方式
キー配列日本語配列日本語配列
対応OSWindows, mac, Linux, iOS, Android etcWindows, mac, Linux, iOS, Android etc
接続方法Bluetooth, Logi Bolt USBレシーバー(別売)Bluetooth, Unifyingレシーバー
最大接続台数3台3台
充電方法USB Type-CUSB Type-C
バッテリー5ヶ月(バックライトオフの場合), 10日(バックライトオンの場合)5ヶ月(バックライトオフの場合), 10日(バックライトオンの場合)
カラーグラファイト, ペールグレー, ローズグラファイト
赤字:KX800 MX Keysと異なる点

それでは、詳細をレビューしていきます。

ロジクール MX Keys MiniとMX Keysを徹底比較

MX Keys Mini KX700GR」と「KX800 MX Keys」の主な違いは下記の通りです。

MX Keys MiniとMX Keysの違い

  • サイズ:MX Keys MiniはMX Keysの70%にスリム化
  • 重量:MX Keys MiniはMX Keysの60%に軽量化
  • 接続方法:MX Keys MiniはUSBレシーバーが付属しない
  • カラー:MX Keys Miniは3色展開

違いを細かくチェックしていきます。

ロジクール MX Keys MiniはMX Keysの70%にスリム化

赤破線:キー配列の違い

MX Keys Mini KX700GR」の本体サイズは、「KX800 MX Keys」の70%になっています。

「MX Keys Mini KX700GR」は、テンキーや矢印キーが無くなっているので非常にコンパクトな外観ですね。

本体サイズのコンパクト化に伴い、ファンクションキー、FNキー、矢印キーの配列が変化しています。

個人的に嬉しいのは、ファンクションキーの配列の変化です。

「KX800 MX Keys」のレビュー記事でも書きましたが、「KX800 MX Keys」は、ファンクションキーと数字キーの配列が1つズレていて非常に使いづらい配列でした。

その点、「MX Keys Mini KX700GR」は、Escキーのサイズが圧縮され、ファンクションキーと数字キーの整合が取れています。

プロ仕様のコンパクトサイズキーボードにファンクションキーが搭載されていること自体が珍しいので、非常に嬉しいですね。

ロジクール MX Keys MiniはMX Keysの60%に軽量化

MX Keys Mini KX700GR」の重量は、「KX800 MX Keys」の60%になっています。

キーボードの重量は気にしない方が多いと思いますが、個人的には大きな変化だと思っています。

重量が約500gと軽量になったので、持ち運びが容易になり、会社と自宅で1台のキーボードを併用することが可能になりました。

会社でも自宅でも慣れ親しんだキーボードを使えるので、タイピング速度が早くなり生産性が向上すること間違いなしです。

ロジクール MX Keys MiniはUSBレシーバーが付属しない

MX Keys Mini KX700GR」は、USBレシーバーが付属せず、別売りになっています。

KX800 MX Keys」は、Unifyingレシーバーが付属していただけに残念です。

会社PCがBluetooth接続を禁止している場合には、別売りの「Logi Bolt USBレシーバー」を購入する必要があります。

ロジクール MX Keys Miniは3色展開

MX Keys Mini KX700GR」は、グラファイト、ペールグレー、ローズの3色展開になっています。

グラファイトは、これまでのロジクールを代表するカラーといった感じ。

ペールグレーは、macのようなシンプルで美しいデザイン。

ローズは、女性向けのデザインといった感じでしょうか。

個人的にはグラファイトが好みですが、macと合わせる場合はペールグレーのほうが合う印象です。

複数のカラー展開から好みのデザインを選択できるのは良いですね。

ロジクール MX Keys Miniをおすすめできる人

これまでのレビューを踏まえ、「MX Keys Mini KX700GR」をおすすめできる人は、以下の通りです。

  • ファンクションキーが搭載されているコンパクトサイズのキーボードが欲しい人
  • 会社にキーボードを持ち運びたい人
  • 浅いキーストロークが好みの人
  • ロジクール製のマウスを使用している人

また、「MX Keys Mini KX700GR」の特徴は、ファンクションキー搭載のプロ仕様のコンパクトサイズのキーボードという点です。

「KX800 MX Keys」のレビュー記事で述べている通り、「MX Keys Mini KX700GR」は、キーストロークが浅いので、ペタペタ打ちが好みの人には最高の打鍵感になるでしょう。

ロジクール製のマウスとの親和性も高いので、ロジクール製品をご使用の方には、「MX Keys Mini KX700GR」はおすすめできるキーボードです。

ロジクール MX Keysをおすすめできる人

逆に、対抗馬である「KX800 MX Keys」をおすすめする人は以下の人です。

  • テンキーを多用する人

エクセルなどの表計算ソフトを多用する人は、「KX800 MX Keys」のほうがおすすめできます。

テンキーを多用する人以外は、「MX Keys Mini KX700GR」で良いと思います。

まとめ  ロジクール MX Keys Miniは買い

本記事は、「MX Keys Mini KX700GR」のスペックレビュー記事です。

対抗馬である「KX800 MX Keys」との違いをまとめると下記の通りとなります。

MX Keys MiniとMX Keysの違い

  • サイズ:MX Keys MiniはMX Keysの70%にスリム化
  • 重量:MX Keys MiniはMX Keysの60%に軽量化
  • 接続方法:MX Keys MiniはUSBレシーバーが付属しない
  • カラー:MX Keys Miniは3色展開

個人的に、大多数の人は「MX Keys Mini KX700GR」を購入したほうが良いと思っています。

気になった人は↓からチェックしてみてくださいね。

2022/8/27

【SONY WF-1000XM4 レビュー】全てが最高クラスの完全ワイヤレスイヤホン

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワイヤレス/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/LDAC対応/ハイレゾ相当 最大8時間連続再生/高精度通話品質/IPX4防滴性能/ ワイヤレス充電対応/2021年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM4 BM created by Rinker ソニー(SONY) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 SONY WF ...

ReadMore

2022/8/27

【ロジクール MX MASTER 3Sレビュー】Logi Bolt対応の高級マウス

ロジクール MX MASTER3s アドバンスド ワイヤレス マウス 静音 MX2300GR Logi Bolt Bluetooth Unifying非対応 8000dpi 高速スクロールホイール USB-C 充電式 windows mac iPad Chrome Android OS 無線 ワイヤレスマウス MX2300 グラファイト 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 ロジクール ...

ReadMore

2021/11/16

【MX Keys Miniレビュー】欠点なしのキーボード【買い】

「MX Keys」のレビュー記事も書いていますので、興味のある方は覗いてみてください。 ロジクール MX KEYS mini KX700GR ミニマリスト ワイヤレス イルミネイテッド キーボード グラファイト 充電式 bluetooth Logi Bolt Unifying非対応 USB-C-A 日本語配列 windows mac chrome iPad ios Android 無線 ワイヤレスキーボード KX700 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール ...

ReadMore

2022/8/27

【エコバックス DEEBOT N8+ レビュー】自動ゴミ収集、水拭き対応のロボット掃除機

【自動ゴミ収集】ECOVACS(エコバックス)DEEBOT N8+ ロボット掃除機 マッピング 水拭き対応 強力吸引 お掃除ロボット 薄型&静音設計 自動充電 落下防止 Wi-Fi接続 Alexa対応 フローリング/畳/カーペット掃除 Amazon.co.jp限定 1年メーカー保証 created by Rinker ECOVACS Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 エコバックス DEEBOT N8+のレビューの結論2 エコバックス DEEBOT N8+のレビュ ...

ReadMore

2021/11/7

【ロジクール KX800 MX Keys レビュー】致命的な欠陥1つ、その他は満足

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 created by Rinker Logicool(ロジクール) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング タップできる目次1 ロジクール KX800 MX Keysのレビューの結論を先に解説2 ロジクール KX800 MX Keysのスペックまとめ3 ロジクール KX800 MX Keysを ...

ReadMore

関連記事

【2022年】格安SIM通信速度ランキング!(ロンダラボ!調べ)

ahamo (958,084pt)

ahamo新規・MNP

第1位はahamoでした!

  • 平日、休日ともに安定した通信速度
  • docomoの新料金プランなので安心
  • 5分間までの国内通話無料
  • 20GBで2,970円(税込)と明瞭な料金プラン

OCNモバイルONE (642,254pt)

OCNモバイルONE

第2位はOCNモバイルONEでした!

  • 平日、休日ともに安定した通信速度
  • キャリアの新料金プランであるahamoよりも早い
  • 格安でスマホを購入できるのも魅力
  • 月額料金770円(税込)~

LinksMate(613,974pt)

第3位はLinksMateでした!

  • 8時台の通信速度が最高クラス
  • 選べる料金プランが114種類と豊富
  • ゲーム連携で特典が貰える
  • 月額料金165円(税込)~
  • この記事を書いた人

きなり

黒いガジェットが好き。
累計50万PV超のブログメディア「ロンダラボ!」管理人。PC、ガジェット、モバイルなどをメインに役立つ情報発信中。

レビューのご依頼承ります。ご相談はメール(launderlabcom☆gmail.com)☆を@に変換ください。
>>お仕事のご依頼はこちら