Mi Smart Band6(グローバル版)レビュー Mi Band5と大差なし

2021年5月31日

ポイント

本記事は、Xiaomiから発売されているMi Smart Band6(グローバル版)(Miスマートバンド6)のレビュー記事です。

管理人
Mi Smart Bandシリーズは安価で優秀なスマートウォッチとして人気ですから最新作の出来が気になるところです。

本記事はかなり長めなので、適宜目次を使用してくださいね。

 

旧モデルのMi Smart Bnad5のレビュー記事は↓です。

Mi Smart Band 5 日本語版 1か月使用レビュー【初めてのスマートウォッチにおすすめ】

続きを見る

 

Mi Smart Band 6 設定方法を解説【日本語設定も紹介】

続きを見る

 

目次

Mi Smart Band6(グローバル版)のスペック

Mi Smart Band6(グローバル版)のスペック詳細は↓の記事にまとめていますので、ここではその概要をご紹介します。

Mi Smart Band 6発表!性能や日本語版の発売日は?

続きを見る

 

Mi Smart Band6の基本スペックは以下の通り。

  • 画面サイズ:1.56インチ
  • ディスプレイ解像度:154×486
  • 重量:12.8g
  • バッテリー:14 日間
  • 防水性能:5ATM
  • センサー:高精度 6 軸センサーおよび PPG 心拍数センサー
  • 活動量計:SpO2(血中酸素濃度)、心拍センサー、消費カロリー、睡眠、歩数計機能 他
  • スポーツ:30種類(ランニング、サイクリング、プールスイミング 他)

Mi Smart Band6は、大人気Mi Smart Bandシリーズの最新作であり、そのクオリティの高さは言うまでもないでしょう。

今作のMi Smart Band6は、スマートバンドとしてはディスプレイ解像度が高く、画面サイズも大きいため、視認性に長けています。

また、SpO2(血中酸素濃度)が測定できる点もポイントです。

スポーツモードは、30種類もあり、どんなスポーツにも対応できるでしょう。

 

旧モデル(Mi Smart Band5)からのアップデートをチェック

Mi Smart Band6(Miスマートバンド6)と旧モデル(Mi Smart Band5)(Miスマートバンド5)のスペックを比較すると下記の通りになります。

 Mi Smart Band6(新モデル)Mi Smart Band5(旧モデル)
画面サイズ1.56インチ1.1インチ
ディスプレイ解像度154×486294×126
重量12.8g11.9g
バッテリー14 日間
防水性能5ATM(5気圧防水)
センサー高精度 6 軸センサーおよび PPG 心拍数センサー
活動量計SpO2(血中酸素濃度)、心拍センサー、消費カロリー、睡眠、歩数計機能 他心拍センサー、消費カロリー、睡眠、歩数計機能 他
スポーツモード30種類11種類

旧モデルであるMi Smart Band5(Miスマートバンド5)からのアップデートをざっくりまとめると下記の通りです。

  • 画面サイズが大型化され、見やすくなった
  • 画面解像度が高くなり、綺麗になった
  • SpO2(血中酸素濃度)が測れるようになった
  • スポーツモードがかなり増えた

 

はっきり言って、大きなアップデートはありませんね。

前評判ではGPSやAlexaが搭載されると噂されていただけにがっかりです。

Mi Smart Band6(Miスマートバンド6)の前評判は↓の記事で解説していますので興味のある方は覗いてみてください。

Mi Smart Band 6 のリーク情報まとめ!半端ない進化!

続きを見る

 

 

Mi Smart Band6(グローバル版)を開封

AliexpressでMi Smart Band6(グローバル版)を購入して、1ヶ月以上待ちました。

箱がボロボロになっています。長旅の証拠ですね。

それではさっそく開封していきます。

 

内容物は、Mi Smart Band6(グローバル版)本体と充電ケーブル、説明書です。

シンプルで良いですね。

 

まずは、Mi Smart Band6(グローバル版)本体をじっくり見ていきましょう。

正面からMi Smart Band6(グローバル版)を撮影。

 

左側からMi Smart Band6(グローバル版)を撮影。

 

右側からMi Smart Band6(グローバル版)を撮影。

 

背面からMi Smart Band6(グローバル版)を撮影。

本体をじっくり見てみましたが、外観は旧モデル(Mi Smart Band5)から変わってなさそうです。

旧モデル(Mi Smart Band5)との比較は後述しますが、サイズに変化はありませんでした。

 

続いて、充電ケーブルをチェックします。

って、あれ、充電ケーブルも旧モデル(Mi Smart Band5)と似ていますね。

後日確かめてみましたが、充電ケーブルは旧モデル(Mi Smart Band5)と全く同じものでした。

左:旧モデル(Mi Smart Band5)、右(Mi Smart Band6)

 

Mi Smart Band6(グローバル版)をスマートフォンとペアリング

さっそく、Mi Smart Band6(グローバル版)をスマートフォンをペアリングして使ってみましょう。

私はiPhone11とMi Smart Band6(グローバル版)をペアリングさせます。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)をペアリングするには、Mi Fitアプリをインストールします。

Mi Fit

Mi Fit
開発元:Huami Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

Mi Fitアプリをインストールしたら、スマートフォンとMi Smart Band6(グローバル版)をペアリングします。

ペアリングするデバイスから「バンド」を選択し、指定の通りにタップしてきます。

こんな感じですぐにスマートフォンとペアリングできちゃいました。

 

所定のアップデートを済ませ、さっそくMi Smart Band6(グローバル版)を使っていきます。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)を使ってみる

スマートフォンとMi Smart Band6(グローバル版)をペアリングできたので早速使っていきます。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)を腕に装着してみました。装着感は旧モデル(Mi Smart Band5)と変わらないです。

とはいえ、フルディスプレイになっているので、かなり視認性は向上しています。

管理人
すごい画面が見やすいです。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)でできること

先に述べたとおり、Mi Smart Band6(グローバル版)は基本的に旧モデル(Mi Smart Band5)でできることと大差ありません。

Mi Smart Band6(グローバル版)のできることをまとめると下記の通り。

【旧モデル(Mi Smart Band5)と同様の機能】

  • 心拍数モニタリング・心拍数アラート
  • ストレスモニタリング
  • 睡眠トラッカー
  • PAIスコア測定
  • スポーツモード
  • 歩数計
  • タイマー

 

【Mi Smart Band6からの追加機能・拡充機能】

  • SpO2(血中酸素濃度)測定
  • ポモドーロタイマー
  • 通知のアイコン表示
  • ディスプレイ表示の拡充
  • スポーツモードの拡充(11種類→30種類)
  • 睡眠トラッカーのうち「睡眠時呼吸の質」の測定

本記事では、Mi Smart Band6(グローバル版)からの追加機能・拡充機能に焦点を当ててご紹介していきます。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)でSpO2(血中酸素濃度)を測定する

まず、今回のアップデートの目玉であるSpO2(血中酸素濃度)測定を実施してみます。

ディスプレイをスクロールし、「SpO2」をタップします。

 

すると、SpO2(血中酸素濃度)を測定する旨の表示が出るので、表示に従いタップします。

 

SpO2(血中酸素濃度)の測定には、少し時間がかかるようです。

 

30秒ほど待つと測定結果が出ました。

測定時点の私のSpO2(血中酸素濃度)は93%らしいです。

SpO2(血中酸素濃度)は、90%以上あれば体内に酸素が十分に供給されているらしいので、私は健康ということが分かりました。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)でポモドーロタイマーを使用する

個人的にポモドーロタイマーは、Mi Smart Band6(グローバル版)で一番期待していた機能です。

ディスプレイをスクロールし「More」をタップします。

 

「Pomodoro timer」の表示をタップします。

 

25分タイマーが起動しますので、再生ボタンをおします。

 

すると、25分→5分→25分のポモドーロタイマーが使用できます。

所定の時間に達するとヴァイブレーションがなります。

 

ポモドーロタイマーの間隔である25分は5分刻みで自由に設定できます。

Mi Fitアプリでショートカットに設定しておけば、一瞬でポモドーロタイマーを起動できるのでおすすめできる機能です。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)の通知をチェック

Mi Smart Band6(グローバル版)から、アプリのアイコンが表示されるようになりました。

Gmailの場合このように通知が表示されます。

Mi Smart Band6(グローバル版)での操作は日本語に対応していませんが、通知に関しては日本語に対応しています。

Mi Smart Band6(グローバル版)はフルディスプレイになり、解像度が高くなっているので通知がかなり見やすいです。

日本語だと一行あたり5文字が表示されるようです。

 

LINEの通知だとこのように感じに表示されます。

簡単なメッセージであれば、スクロールすることなく通知を確認することができます。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)のディスプレイ表示をチェック

続いて、Mi Smart Band6(グローバル版)のディスプレイ表示をチェックしていきます。

Mi Smart Band6(グローバル版)からディスプレイの表示領域が拡張されており、これに伴いディスプレイのアレンジの自由度が増しています。

設定できる基本ディスプレイは3種類となっており、それぞれの領域での表示を自由にカスタマイズすることができます。

 

例えば、一番左のディスプレイが特に自由度が高めで、↓のような感じにセッティングすることができます。

歩数や心拍数、消費カロリーや、バッテリー、天気、降水確率、日没時刻などを自由にアレンジできますよ。

 

 

その他、Mi Fitアプリには↓のような数多くの壁紙が用意されています。

スポンジボブ以外分からないですが、すごい量の壁紙ですね。

管理人
もう少しオシャレな感じの壁紙作って欲しいです・・・

 

Mi Smart Band6(グローバル版)のスポーツモードをチェック

Mi Smart Band6(グローバル版)のスポーツモードは旧モデル(Mi Smart Band5)の11種類から30種類に大幅に拡充されています。

屋外ランニング、トレッドミル、ウォーキング、サイクリング、屋内サイクリング、水泳、ヨガ、縄跳び、ダンスなど

だいたいのスポーツに対応しているのではないでしょうか。

ワークアウトを積極的に行っている方には、Mi Smart Band6(グローバル版)おすすめできますね。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)で「睡眠時呼吸の質」を測定する

Mi Fitアプリで設定をしていると旧モデル(Mi Smart Band5)にはなかった「睡眠時呼吸の質のモニタリング」が追加されていることに気づきました。

なんだかよく分かりませんが、睡眠時呼吸の質を測定してみます。

 

「睡眠時呼吸の質のモニタリング」を測定できました。97点でした。

90点~100点が良好値なので、97点は良質な睡眠が取れているといえますね。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)と旧モデル(Mi Smart Band5)の実機比較

左:Mi Smart Band5 右:Mi Smart Band6

続いて、Mi Smart Band6(グローバル版)と旧モデル(Mi Smart Band5)の比較をしていきます。

個人的に、Mi Smart Band6(グローバル版)のライバルは旧モデルであるMi Smart Band5になると思っています。

性能面での差はあまりなく、価格面で旧モデルであるMi Smart Band5が優位だからです。

というわけで、新旧モデルの比較をしていきます。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)と旧モデル(Mi Smart Band5)のサイズ比較

まずは、Mi Smart Band6(グローバル版)と旧モデル(Mi Smart Band5)のサイズを比較していきます。

左:Mi Smart Band5 右:Mi Smart Band6

新旧モデルを正面からを撮影。

 

 

左:Mi Smart Band5 右:Mi Smart Band6

新旧モデルを左側から撮影。

 

左:Mi Smart Band5 右:Mi Smart Band6

新旧モデルを右側から撮影。

 

左:Mi Smart Band5 右:Mi Smart Band6

バンドを外して、新旧モデルを撮影。

サイズは全く一緒ですね。

 

サイズが同じであることを確認するために、旧モデル(Mi Smart Band5)の替えバンドをMi Smart Band6に装着してみます。

 

バッチリ装着できちゃいました。

ということで、Mi Smart Band6と旧モデル(Mi Smart Band5)は同じサイズということが分かりました。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)と旧モデル(Mi Smart Band5)の重量比較

続いて、Mi Smart Band6と旧モデル(Mi Smart Band5)の重量を測定していきます。

まずは、旧モデル(Mi Smart Band5)から測定します。

Mi Smart Band5

旧モデルMi Smart Band6は22gでした。

 

続いて、Mi Smart Band6を測定します。

Mi Smart Band6

Mi Smart Band6は23gでした。

Mi Smart Band6と旧モデル(Mi Smart Band5)は1gしか変わらないようです。

1gしか変わらないので誤差かもしれませんね。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)と旧モデル(Mi Smart Band5)のバッテリー持ち比較

Mi Smart Band6(グローバル版)は旧モデル(Mi Smart Band5)よりもバッテリー持ちが良くないという噂を聴きましたので、バッテリー持ちの比較を行いました。

バッテリーの公称値は互いに「14日間」なので差は出ないと思いますが、一応比較してみます。

バッテリー持ちの比較にあたっては、下記の設定で実施しました。

  • 画面の明るさ:3
  • 自動画面オフ:既定
  • 心拍数モニタリング:1分毎
  • 睡眠トラッカー:オン
  • 心拍数モニタリング:オン
  • 睡眠時の呼吸の質:オフ ※Mi Smart Band6のみ

揃えられる条件は揃えて、1日間使用しバッテリー持ちを比較しました。

 

左:Mi Smart Band5 右:Mi Smart Band6

バッテリーは新旧モデルともに100%からスタートです。

 

1日後。

左:Mi Smart Band5 右:Mi Smart Band6

新旧モデルを丸1日使用した結果、バッテリーの残量は下記のようになりました。

Mi Smart Band6:91%

旧モデル(Mi Smart Band5):88%

旧モデル(右:Mi Smart Band5)は1年弱使用していたのでバッテリー容量が減っていたのかも知れませんが、Mi Smart Band6の方がバッテリー持ちが良いということが分かりました。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)の良いところとイマイチなところ

Mi Smart Band6(グローバル版)を使用して感じた良いところは下記です。

  • ディスプレイサイズが大型化、解像度が高い
  • ポモドーロタイマーが便利

旧モデル(Mi Smart Band5)から物理的なサイズは変わらず、フルスクリーンに対応し解像度が高くなったので、ディスプレイの視認性は格段に上がりました。

時計や通知を確認しやすくなりましたね。

また、ポモドーロタイマー搭載は個人的に非常に嬉しいです。作業の効率化に寄与してくれると思います。

 

一方で、Mi Smart Band6(グローバル版)を使用して感じたイマイチなところは下記です。

  • 旧モデル(Mi Smart Band5)から大きなアップデートがない
  • 旧モデル(Mi Smart Band5)よりも操作性が悪い(個人的感想)

旧モデル(Mi Smart Band5)からの変化がほとんど無いというのはがっかりです。

なんなら、旧モデル(Mi Smart Band5)の方が操作性が良いとさえ感じます。

 

旧モデル(Mi Smart Band5)には↓の写真のようにディスプレイ下にボタンがあり、このボタンで前の操作に戻ることができました。

一方でMi Smart Band6からはフルスクリーンになったこともあり、このボタンが無くなったので操作性が悪くなりました。

あくまで、個人的な感想ですが、ボタンがあった方が操作しやすいです。

 

以上を踏まえると、既に旧モデル(Mi Smart Band5)を所有している方は、Mi Smart Band6は見送りで良いと思います。

旧モデル(Mi Smart Band5)を所有してない方は、Mi Smart Band6よりも安価な旧モデルの購入をおすすめします。

Mi Smart Band 5 日本語版 1か月使用レビュー【初めてのスマートウォッチにおすすめ】

続きを見る

 

新しいガジェット好きの方は、Mi Smart Band6を購入しても良いかと思います。

少し高いですが、ディスプレイが大きく解像度も高いので悪くはないですよ。操作性に慣れれば不満もないでしょう。

 

まとめ:Mi Smart Band6じゃなくて旧モデル(Mi Smart Band5)で良いかも

 

本記事では、Xiaomiから発売されているMi Smart Band6(グローバル版)(Miスマートバンド6)をご紹介しました。

 

Mi Smart Band6(グローバル版)の旧モデル(Mi Smart Band5)からのアップデートは主に下記です。

  • SpO2(血中酸素濃度)測定
  • ポモドーロタイマー
  • 通知のアイコン表示
  • ディスプレイ表示の拡大
  • スポーツモードの拡充(11種類→30種類)
  • 睡眠トラッカーのうち「睡眠時呼吸の質」の測定

 

Mi Smart Band6(グローバル版)を使用して感じた良いところは下記です。

  • ディスプレイサイズが大型化、解像度が高い
  • ポモドーロタイマーが便利

 

一方で、Mi Smart Band6(グローバル版)を使用して感じたイマイチなところは下記です。

  • 旧モデル(Mi Smart Band5)から大きなアプデートがない
  • 旧モデル(Mi Smart Band5)よりも操作性が悪い

 

既に旧モデル(Mi Smart Band5)を所有している方は、Mi Smart Band6は見送りで良いと思いますが、ガジェット好きならば購入しても良いかと思います。

旧モデル(Mi Smart Band5)を所有してない方は、安価な旧モデルでも良いかと思います。

Mi Smart Band 5 日本語版 1か月使用レビュー【初めてのスマートウォッチにおすすめ】

続きを見る

 

Mi Smart Band 6 設定方法を解説【日本語設定も紹介】

続きを見る

おまけ:Mi Smart Band6の充電時の表示がかっこ良い

Mi Smart Band6の充電時の表示がかっこ良くなっていましたので、ここに報告します。

以上、おまけでした。

 

2021/10/3

【iPad mini 6レビュー】1週間使用して分かった欠点3つ、その他は完璧

Appleの新製品として、iPhone13シリーズとiPad mini 6、無印iPad(第9世代)が発売されましたね。 個人的には、iPhone13シリーズには全く魅力を感じませんでした。指紋認証非採用、Lightningケーブル継続、ノッチ継続とほとんど進化していません。 一方、iPad mini 6は、指紋認証採用、USB Type-C採用、フルディスプレイ採用。iPhoneに採用して欲しかったモノ全てが詰まっています。 皆が大好きなiPad mini 6、徹底的にレビューしていきます。 \売り切れ ...

ReadMore

2021/9/25

【2021年9月】忖度なし!格安SIM厳選8社 通信速度ランキング 徹底比較!

目次1 【結論】 2021年9月 格安SIM厳選8社の通信速度ランキング2 取り扱う格安SIMは?3 格安SIMの通信速度の評価方法は?3.1 格安SIMの通信速度はどこで測定しているの?4 2021年9月 格安SIM厳選8社の通信速度ランキング(詳細)5 これまでの格安SIM厳選8社の通信速度ランキング 6 管理人がおすすめする格安SIMは?7 まとめ:格安SIM選びの参考に8 2021年9月 格安SIM8社の通信速度集計結果のエビデンスを開示8.1 2021年9月 平日8時台 格安SIM8社の通信速度 ...

ReadMore

2021/9/23

【ロジクール MX Master 3レビュー】在宅勤務の仕事におすすめなBluetooth無線マウス

いやぁ、買っちゃいましたよ、ロジクール MX Master 3。 これまでは、ブログ開設当初に買ったエレコムのワイヤレスマウス「M-XGL10DBBK」をずっと使い続けてきたのですが、生産性向上のためプロ仕様のマウスを導入したいなぁと思い購入しました。 今回、ロジクール MX Master 3を1ヶ月使用しましたので、実際に使ってみてよかった点、イマイチだった点もご紹介します。 ロジクール アドバンスド ワイヤレスマウス MX Master 3 MX2200sGR Unifying Bluetooth 高 ...

ReadMore

2021/9/23

【EVERINGレビュー】VISAタッチ決済対応スマートリングが超便利

いやぁ、やっと届きましたよ、スマートリング「EVERING」。 3000名限定の先行予約をしたのが5月なので、手元に届くまでに4ヶ月ほど待ちました。 初のスマートリングにワクワクが止まりません。早速レビューしていきますよ。 目次1 スマートリング「EVERING」のレビューの結論を先に解説2 スマートリング「EVERING」のスペックをおさらい 3 スマートリング「EVERING」を開封・外観チェック4 スマートリング「EVERING」 のサイズ感・装着感をチェック5 サイズ交換はアクティベーション前限定 ...

ReadMore

2021/9/23

【PHILIPS 278E1A/11 レビュー】4K 27インチモニターで最安級

PHILIPS ディスプレイ 278E1A/11 (27インチ/4K/IPS/5年保証/HDMI/DisplayPort/PIP&PBP) created by Rinker Philips(フィリップス) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 目次1 PHILIPS 278E1A/11 27インチモニターの主な仕様2 PHILIPS 278E1A/11 27インチモニターを開封・外観チェック3 PHILIPS 278E1A/11 27インチモニターをモニターアームに装着4 ...

ReadMore

【2021年9月】格安SIM通信速度ランキング!(ロンダラボ!調べ)

OCNモバイルONE (104,016pt)

OCNモバイルONE

第1位はOCNモバイルONEです!

  • 平日、休日ともに安定した通信速度
  • キャリアの新料金プランであるahamoよりも早い
  • 格安でスマホを購入できるのも魅力
  • 月額料金770円(税込)~

ahamo (93,588pt)

第2位はahamoでした!

  • 平日、休日ともに安定した通信速度
  • docomoの新料金プランなので安心
  • 5分間までの国内通話無料
  • 20GBで2,970円(税込)と明瞭な料金プラン

イオンモバイル (66,349pt)

イオンモバイル

第3位はイオンモバイルでした!

  • 豊富な料金プラン
  • docomo回線とau回線のマルチキャリアに対応
  • 全国200店舗以上のサポート
  • 月額料金1,023円(税込)~

  • この記事を書いた人

きなり

ガジェット、モバイルなどをメインに役立つ情報発信中。
【経歴】高専から学歴ロンダリングし、旧帝大院を修了し、新卒で大手企業入社。現在はほそぼそと暮らしています。
レビュー依頼承ります。ご相談はメール(launderlabcom☆gmail.com)
☆を@に変換ください。
もしくは、TwitterのDMにお願いします。
月2万人に読まれるブログになりました!
>>お仕事のご依頼はこちら