UMIDIGI UFitレビュー!血中酸素濃度も測れる格安スマートウォッチ

2021年2月11日

ポイント

本記事は、UMIDIGIから発売されているスマートウォッチ「UFit」をご紹介するものです。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」とは?

UMIDIGI(ユミディジ)とは、中国の通信機器メーカー。

主に↓こんな感じのスマートフォンを販売しています。

見た目はけっこう良い感じですね。

2019年頃から日本市場に参戦しています。

で、今回ご紹介するのは、UFitというスマートウォッチです。

↓ツイッターのプレゼント企画にてタダで貰っちゃいました。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」を開封

箱の質感は良い感じ。

ブラックでかっこよい。

開けてみると、説明書UFit本体、充電ケーブルが入っていました。

充電ケーブルは独自プラグ。

ケーブルをなくしたらUFitを充電できません。

注意しましょう。

UFit本体はこんな感じ。

普通にかっこよいです。

側面には物理ボタンが1つ付いています。

背面には心拍数測定用のセンサーが付いています。

充電用のプラグも背面にあります。

重量は38gです。

けっこう軽め。

電源を入れるとこんな感じの見た目。

ディスプレイは以下の4種類に変更可能です。

個人的には右下がおすすめ。

その他はギラギラしすぎ。

腕につけてみるとこんな感じ。

つけ心地は良いですよ。

バンドタイプのスマートウォッチよりも時計ぽっさがあります。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」の機能は?

UFitのスペックは以下。

サイズ:42 x 36 x 12mm
重さ:39g(バンドを含まない重量)
画面:1.3インチ
解像度:240 * 240ピクセル
充電時間:2.5時間
充電インターフェイス:2 PIN充電ポート
専用アプリ:VeryFitPro
スポーツモード:ランニング、サイクリング、ウォーキングなど9種
通知:着信、アプリ(LINE, Twitterなど)
防水規格:5ATM防水
測定:血圧、心拍数、血中酸素濃度
その他機能:座りすぎ通知、目覚まし、タイマー、ストップウォッチ

てんこ盛りですね。

4,000円程度でこれだけの機能が使えるのは、コスパ最強と思います。

特にこの価格帯で、血中酸素濃度が使えたり血圧を測定できるのは、UFitだけだと思います。

試しに各種機能を使ってみました。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」で血圧を測定してみよう

え?

管理人
私こんなに血圧高くないですよ?

健康診断で引っかかったことありませんし。

血圧測定精度は全く使い物になりませんね。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」で心拍数を測定してみる

心拍数はこんなもんですかね。

あまり変な値ではないかと思います。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」で血中酸素濃度を測定してみる

血中酸素濃度を測定してみました。

93%だって?

調べてみると、血中酸素濃度が95%未満の方は、呼吸不全らしい。

管理人
かなりリラックスした状態で測定しているので、この値は疑わしいです。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」で測定機能はイマイチ

既述の通り、血圧や心拍数、血中酸素濃度の測定精度はイマイチですね。

おまけ程度だと思います。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」のバッテリー持ちやタッチ感度は?

UFitのバッテリー持ちは「まぁまぁ」です。

ディスプレイの光量を最低にして、1日フルで使って10%減る程度です。

バッテリー持ちが良いとは言えませんが、十分使えるレベルです。

UFitのタッチ感度は良くないです。

全然タッチに反応しません。

タッチ感度に関してはかなり使いづらいです。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」のアプリ「VeryFitPro」はどう?

UFitのアプリ「VeryFitPro」、App Storeの評価は最悪ですが、使い勝手は悪くないです。

デバイスの設定画面は以下。

そこそこ細かく設定できますね。

例えば、目覚ましであれば、曜日ごとに時間を設定できます。

こんな感じでカスタマイズ性はけっこう高めです。

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」をおすすめできる人

UFitをおすすめできる人は以下。

  • 格安で多機能なスマートウォッチが欲しい方
  • スマートウォッチで血中酸素濃度や血圧を測定したい方
  • バンドタイプよりもウォッチタイプが良い方

ちなみに、バンドタイプで良いと考えている方には、Xiaomiから発売されているMi Smart Band 5がおすすめ。

レビュー記事を書いています↓。興味のある方は覗いてみて下さい。

Mi Smart Band 5 日本語版 1か月使用レビュー【初めてのスマートウォッチにおすすめ】

続きを見る

UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」を購入するならネットショップ一択

UFitを購入するなら、ネットショップが安くておすすめです。

2021年2月だと、Amazonのセール価格が最安で3,373円。

けっこう安いので、お試しに買ってみるのもありです。

まとめ:UMIDIGIのスマートウォッチ「UFit」は多機能だけど、タッチ感度は微妙

本記事では、UMIDIGIから発売されているスマートウォッチ「UFit」をご紹介しました。

UFitは、5ATM防水でプールで使用できたり、血圧や血中酸素濃度を測定できる多機能なスマートウォッチです。

価格も4,000円弱と安くて、コスパが高いです。

ただし、タッチ感度が微妙なのがイマイチ。

何度もタッチしないと反応しないときがあり、これについては製品によって当たり外れがあるかもしれません。

  • この記事を書いた人

きなり

ガジェット、モバイルなどをメインに役立つ情報発信中。
【経歴】高専から学歴ロンダリングし、旧帝大院を修了し、新卒で大手企業入社。現在はほそぼそと暮らしています。
レビュー依頼承ります。ご相談はメール(launderlabcom☆gmail.com)
☆を@に変換ください。
もしくは、TwitterのDMにお願いします。
月2万人に読まれるブログになりました!
>>お仕事のご依頼はこちら