Kindle端末のWiFi+4Gモデルは外出時に複数端末で読書する人は購入すべき

ポイント

本記事では、Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルを買うべき人はどんな人なのかを解説するものです。

 

巷の記事では、「家にWiFi環境がない人以外はKindle端末のWiFi+4Gモデルを購入すべきではない」といった意見が多いですが、それは少し違うと思います。

個人的に最も重要なのは、「外出時に複数の端末でKindleでの読書をするか否か」です。

その理由を本記事で解説します。

 

あなたは、外で本をダウンロードするためだけに、わざわざ5,000円以上も高い「WiFi+4Gモデル」を購入検討しているわけじゃないですよね?

 

Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルでできること・できないこと

まずは、Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルでできること、できないことをおさらいします。

Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルが、WiFi環境外でできることは以下の通り。

  • Kindle本の購入
  • Kindle書籍(漫画、雑誌以外)のダウンロード
  • Whispersync機能(最後に読んだページの同期)
  • Wikipediaの検索

 

Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルが、WiFi環境外でできないことは以下の通り。

  • ブラウジング
  • Kindle書籍(漫画、雑誌)のダウンロード

といった具合です。

 

私は、上記のうち「Whispersync機能(最後に読んだページの同期)」が最も重要と考えます。

 

Kindle端末のWiFi+4GモデルはWiFi環境がない人向け、というのは少し違う

既述の通り、Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルの存在価値は、「Whispersync機能(最後に読んだページの同期)」にある考えています。

 

Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルは、「WiFi環境がない人向け」や「外出先でKindle書籍をダウンロードしたい人向け」というのは少し違うと思います。

  • WiFi環境がない人でもスマートフォンは持っていますし、テザリングすればKindle書籍をダウンロードできます。
  • 外出先でのKindle書籍のダウンロードもテザリングで解決できます。

 

外出先でのページの同期もテザリングで解消すれば良いんじゃない?というご意見もあるかと思いますが、ページの同期のためだけにテザリングをするのは煩わしいです。

 

書籍をダウンロードする頻度とKindle端末以外(スマートフォン、タブレット)で読書をする頻度は異なります。

「iPhoneでKindle本を読んだ後にKindle端末でも同じ本を読む」、といったことしませんか?

WiFi+4Gモデルは、WiFi環境外でも最後のページを同期してくれるので、別の端末で読書する場合にもスムーズにページを引き継ぐことが可能です。

この点がWiFi+4Gモデルの最大のメリットと考えています。

 

Kindle端末のWiFi+4Gモデルの回線(SIM)はDocomoとSoftbankのうち電波が良い方

Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルは、無料で4G回線を使用できますが、その回線はどこを使用しているのか気になりますよね?

ネットで調べたところ、日本ではDocomo回線とSoftbank回線の電波状況の良い回線を掴むようです。(AT&Tの国際ローミング回線)

Docomo、Softbankともに全国にエリア展開しているので安心ですね。

日本全国どこでも、無料で4G回線を利用できるってすごいですよ。

 

Kindle端末の4Gモデルのデメリット

これまで、Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルのメリットばかり述べてきましたが、デメリットもあります。

WiFi+4Gモデルのデメリットは以下の通りです。

  • 32GBモデルしかない
  • カラーはブラックしかない(PaperWhiteは4色展開)
  • WiFiモデルより5,000円~6,000円高い(PaperWhite:5,000円、Oasis:6,000円)

一番のデメリットは値段ですね。

WiFiモデルよりも5,000円以上高いのは庶民にとっては非常に大きなデメリットです。

私もこれが理由で、WiFi+4Gモデルの買い時を見定めているところです。

 

Kindle端末のWiFi+4Gモデルのセールはいつやっている?

Kindle端末(Oasis/PaperWhite)を購入するなら、下記セール期間中がおすすめです。

  • プライムデー(2020年:9月、2021年:6月)
  • ブラックフライデー(2020年:11月~12月)
  • サイバーマンデー(2020年:11月~12月)

2021年のプライムデーでは、Kindle端末が7,000円オフになっていました。

次のセールでは必ず購入したいですね。

また、上記セール以外でも不定期にセールを実施していることもありますので、↓から覗いてみてください。

Kindle Unlimited セールはいつやっている?おすすめの契約時期を解説

続きを見る

 

Kindle端末の次期モデル(11世代)の発売時期、アップデート内容を予想しました

Kindle端末はいつ次期モデルが発売されるのか気になりますよね。

いつが買い時なのかが読めないので、購入に踏み切れない方もいるかと思います。

 

そういった方に向けて、Kindle Oasis、PaperWhiteの次期モデル(11世代)の発売時期、アップデート内容を予想しました。

↓に記事を貼っておくので、興味があれば覗いてみてください。

Kindle PaperWhiteの次期モデル(11世代)の発売時期、アップデートを予想

続きを見る

Kindle Oasisの次期モデル(11世代)の発売時期、アップデート内容を予想

続きを見る

 

まとめ:外出先でKindle端末以外の端末(スマートフォン、タブレット)でも読書する人におすすめ

本記事では、Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルを買うべき人はどんな人なのかを解説しました。

個人的には、外出先でKindle端末以外の端末(スマートフォン、タブレット)でも読書する人におすすめします。

 

Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルが、WiFi環境外でできることは以下の通りです。

  • Kindle本の購入
  • Kindle書籍(漫画、雑誌以外)のダウンロード
  • Whispersync機能(最後に読んだページの同期)
  • Wikipediaの検索

 

Kindle端末(Oasis/PaperWhite)のWiFi+4Gモデルが、WiFi環境外でできないことは以下の通りです。

  • ブラウジング
  • 漫画、雑誌のダウンロード

 

日本ではDocomo回線とSoftbank回線の電波状況の良い回線を掴むようなので、日本全国どこでも4G回線を利用できますね。

購入を検討している方は、セール時期にぜひ購入してみましょうね。

  • この記事を書いた人

きなり

ガジェット、モバイルなどをメインに役立つ情報発信中。
【経歴】高専から学歴ロンダリングし、旧帝大院を修了し、新卒で大手企業入社。現在はほそぼそと暮らしています。
レビュー依頼承ります。ご相談はメール(launderlabcom☆gmail.com)
☆を@に変換ください。
もしくは、TwitterのDMにお願いします。
月2万人に読まれるブログになりました!
>>お仕事のご依頼はこちら

© 2021 ロンダラボ Powered by AFFINGER5