【失敗】無印良品のノートカバーをブックカバーにしようとした結果

ポイント

本記事は、無印良品のノートカバーをビジネス書などのブックカバーに利用しようとしている方に向けた記事です。

無印良品のノートカバーとは

無印良品の店舗に行くと、よく売られているのが「ノートカバー」。

ジーンズのラベル素材で作られており、使い込むほどに風合いの変化を楽しめるそう。

最近、四六判(188×128mm)やA5判のサイズのビジネス書をよく読むので、ブックカバーがほしいと思っていました。

本のサイズはこちらの記事で確認することができます。

そこで、見つけた無印良品の「ノートカバー」。

これって、ノートだけじゃなく、ブックカバーとしても使えるのでは?と思い購入しました。

管理人
使い込む程に風合いが変化するなんて、かっこいいな。

無印良品のノートカバーとブックカバーは違う

うきうきでノートカバーを購入し、帰宅しさっそく本のカバーとして使おうと思い、本をセットしたところ、、、

あれ・・・入らない・・・。

こんな感じでパンパンになってしまいます。

そうなのです。

無印良品のノートカバーはあくまで”ノート”カバーであって、”ブックカバー”では無いのです。

ちなみにノートカバーにセットしてみると、こんな感じでジャストサイズです。

・・・ちゃんとノートカバーとして使います。

まとめ

本記事は、無印良品のノートカバーをブックカバーとして失敗したことを記事にしました。

無印良品のノートカバーは、あくまでノートカバーであって、ブックカバーではありません。

ビジネス書のブックカバーを購入しようとしている方は、以下のようなものを購入したほうが良いと思います。

気になった方は以下から覗いていってくださいね

  • この記事を書いた人

きなり

ガジェット、モバイルなどをメインに役立つ情報発信中。
【経歴】高専から学歴ロンダリングし、旧帝大院を修了し、新卒で大手企業入社。現在はほそぼそと暮らしています。
レビュー依頼承ります。ご相談はメール(launderlabcom☆gmail.com)
☆を@に変換ください。
もしくは、TwitterのDMにお願いします。
月2万人に読まれるブログになりました!
>>お仕事のご依頼はこちら